忍者ブログ
援助交際ショッピングターイム
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

イエスandバッドの心理とは?

何を言っても、「でも…しかし」「だけど…」と否定語が続く男性がいます。たとえば、職場の昼休み、ピクニックの話題で盛り上がっていました。

それを聞いていたAさん。とっても羨ましそうに、「いいなあ、僕もやってみたいと思ってたんだ」親切な一人の人が、「じゃあAさん、来月山に行くから、一緒に行きましょうよ」と誘います。

「でも、準備がいるでしょ」「ピクニックだから、スニーカーで大丈夫ですよ」「だけど…すごく歩くんでしょ」なにを言っても否定語で返って来るので、

「じゃあ、またの機会に…」と、誘った人があきらめちゃうと、「何日?行ってみたいんだよね」とAさん、名残惜しそうに話しを蒸返すんです。

「XX日だよ、集合は新宿駅」などとまた誘うと、「じゃあ、朝はやいんでしょ…それなら無理かも…」とまた否定。

こんなふうに、何かの話題や質問を持ち出して、誰かが答えてくれると、必ず否定する人のことを、心理学では、“イエスandバッド”のゲームと言います。

もしあなたの周りの人に、“イエスandバッド”のゲームを仕掛けてくる人がいたら…。あっさり会話を打ち切ってしまいましょう。巻きこまれないように!

そしてもし自分が、そんな会話のパターンをしてるな、と気づいた時には、ゲームはやらない、と自分に宣言してください。
何をどう言っても延々と打ち消される会話は、空回りします。

たとえば、男性が何かやりたいと願って、女性から、「じゃあ、Aさんもやってみませんか」と誘いをかけられたのなら、「そう?僕、超初心者で、みんなに面倒かけるかわからないけど…、一生懸命頑張るから、よろしく!!」そんな答えが返ってくると、感じがいいものです。

※上記記事引用
男性を例に挙げて掲載されていましたが、上記のような女性も、いますよね!あなたも自分の話し方を振り返ってみましょう♪

PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
最新TB
(10/02)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Template and graphic by karyou
忍者ブログ [PR]